来て早々、英語が聞き取れない、事件!!

最終更新日

Comments: 0

オーストラリアに到着しすぐの悩み、英語が聞き取れない!!! 聞き取りだけは自信があった私は打ちのめされました。だって、聞き取り以外何の取り柄もないんです、私。それからというもの、みんなの話についていけなく、会話に入っていけない事が頻繁におきて、自信喪失した私は喋る事を控えるようになりました。あいや〜

しまいには日本人がいる前では恥ずかしくて英語が話せなくなってました。はじめ、二人ぐらい日本人がいたんだよね。もーちゃんと、さちゃん。(仮名)日本人がいるとやたらと日本語使いたくなります。だってその方が手っ取り早いんだもの。それにお互いの能力を測り合うわけではないが、私の力量を測られたくない、という気持ちからうまく話せませんでした。

今はオーストラリアに一ヶ月半以上いますが、今思えば、分らなくて当然ではないかと思います。なぜなら、アクセントがおかしいんです。ホステルの人たち。私もそうですが、母国語のアクセントが交じってて全く別の単語になってる事がちらほら、、、。それに、ホステルの人たちも、英語分らない人が多いです。フランス人は特に苦手のようですね。ヨーロッパの国の出身はペラペラか?!ってぐらい話しますが(ドイツ人は英語得意な方が多いですね、後はポーランド人も)、フランス人だけは例外です。(みんながみんなではないですが、話せない人、本人が話せないとおもってる人が多いようなきがします。)あと、イタリア人は訛りがすごいです。中国人は1人しか知りませんが、彼女の訛りもなかなかです。韓国人、インド人も、訛りというか、発音が悪いですね。後は、ブラジル、アルゼンチンの国の人たちも英語を流暢に話せない人多いですねここのホステルでは。(全員が全員話せないわけではありません。)しかし、いや、安心。日本人だけじゃないようですね、英語話せないの。

それを分かった後は積極的に話すようになりました。そしたら、あんた英語成長したね、っていわれましたよ。一ヶ月でそんなすぐに成長するわけないでしょうが、と思いながらも、それだけ話せないと思われてたのかと感じました。しかし、一つ注意が必要です。やはり、ネイティブの人と話さないと、相手の国の訛り、移ります。自分で辞書で発音確認を毎度やらないと、そのままの発音を覚えてしまうので、危険です。なので、英語が分らないうちは、発音の確認はこまめにやった方がいいと私は考えます。(私自身が毎回辞書で、発音記号と発音確認してます。)その後の私はというと、少し自信を取り戻しました。変な自信はいらないとか、世の中の人は言うけど、自信なくしたら自分の力を発揮する事が出来なくなります。だから無駄に威張ってても、英語話せると思っていてもいいのです。そのかわり、それで終わりにするんじゃなく、きちんと勉強して、もっと話せるようになってやる!!!と向上心を持つ事が大事だと私は思います。話せないのは前提です。けど、話す努力をするんです。ここで生き抜くには英語が本当に必要です。現地で学べばいいや、なんて思ってたら本当に苦労しますよ。まぁお金に余裕がある人は語学学校などに通えばいいかと思いますが、語学学校、ホステルの人たちは高いと言っていけてない人多いです。そうなんです、十分な蓄えないと、辛いのです。私は無計画できてしまいましたが、皆さんはきちんと計画して、海外に行く事をおすすめします。


haruka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする